〜 指導力のある栄養教諭を目指して 〜

 栄養教諭は、食のスペシャリストである管理栄養士・栄養士と、教育の専門家である教師の資質を併せ持つ新しい資格で、平成17年4月にスタートしました。栄養教諭の役割は、子ども達が将来にわたって健康に生活できるように、学校給食を活用して栄養や食事に関して指導教育し、食に関する望ましい習慣や自己管理能力を身につけさせる事です。その為には、学校で学ぶ他の教科、そして学校の枠にとどまらず、家庭や地域とも広く連携して食に関する指導を行う事が必要になります。
 こうした役割を担うため、栄養教諭には「栄養」に関する専門性と「教育」に関する専門性の両方が求められます。本学は昭和44年の開学以来、栄養士の養成と高等学校・中学校の家庭科教諭の養成を行っており、多くの卒業生が、栄養士・教員として活躍している実績があります。これらの実績をもとに、栄養と教育の両分野について深い専門知識を備えた、「指導力のある栄養教諭」の養成を行っています。