健康栄養学科



教育研究目的

 健康生活に必要な幅広い専門的知識・方法等を教育研究し、高い知性と豊かな情操をそなえた実践力のある管理栄養士、栄養教諭などの養成をはじめ、社会各般の分野で有能な人材として貢献できる女性を育成する。

アドミッション・ポリシー(学生受け入れ方針)

 @人間関係を大切にする人
A「食と健康」の重要性を理解し、科学的思考を実践しようとする人。
B本学で学んだ知識を活かし、地域の健康づくりにおいて指導的役割を果せる人。
C大学での学びを達成するために必要なコミュニケーション能力と協調性を有している人。
D高等学校で培った基礎学力を健康栄養分野で向上させ、幅広い応用能力を発揮できる人。


健康栄養学科で取得可能な資格について


 昔から、「病気になって初めて知る健康のありがたさ」といいます。食生活が多少乱れていても、今は健康に問題なしとタカをくくっていると、そのうちにしっぺ返しを受けることがよくあります。健康を維持するためには、若いころから正しい食習慣を身につけ、生活習慣病を予防することが何よりも大切です。
 本学の健康栄養学科は、からだのしくみとその調節、栄養・運動・休養のバランスとからだのリズム、環境と健康、さらに社会に調和する上で重要な心の健康と栄養等について学び、青森県と東北地域の健康問題と食育に貢献できる管理栄養士と栄養教諭の人材養成を目指します。