児童学科
 〜21世紀の児童教育〜
女子教育90年の伝統と真髄に基づき
溌剌とした子どもの
教育・養護活動を創り出す
児童学と保育学







児童学科で取得可能な資格


教育研究目的

 子どもの健全な発達と人間形成に必要な幅広い専門的知識・方法等を教授研究し、高い知性と豊かな情操をそなえた実践力のある幼稚園・小学校教諭及び保育士の養成をはじめ、社会各般の分野で有能な人材として貢献できる女性を育成する。

アドミッション・ポリシー(学生受け入れ方針)

 @子どもが大好きで、乳幼児・児童一人一人を大切にする人。

 A自らの成長にも夢を持って努力しようとする人。
 B子どもに関わる職業に就きたい人。
 C大学での学びを達成するために必要なコミュニケーション能力と協調性を有して
  いる人。
 D高等学校の主要教科の基礎学力を備え、また、スポーツや文化、芸術面などの素養を
  有している人。

 児童学科では、小学校・幼稚園教諭、保育士を目指す学生たちが「教育学」「保育学」「児童心理学」「教育・保育内容」などについて学びます。そこでは、それぞれの「理論」と「実践」を、「基礎」から「応用」へ、「広く」そして「深く」学び、教育・保育に関わるものにとって必要不可欠な「知識」と「技術」をしっかりと身につけていきます。また、子どもたちに「心豊かで健やかな環境」を与えるために必要な「児童福祉」「児童文学」「音楽」「図画工作」「体育」といった科目についても、実技と演習を重視したカリキュラムのもと、子どもたちの情操豊かな成長を導くことのできる教員・保育士を目指して熱心に学んでいます。

小学校教諭・幼稚園教諭・保育士
子どもに関わる3つの免許・資格を取得可能

 本学児童学科では小学校教諭、幼稚園教諭、保育士という、子どもの教育と成長・発達に関わる職業に就くための3つの免許・資格を取得することができます。これら3つの免許・資格を取得できる大学は青森県では本学のみであり、北東北3県でも殆どありません。乳幼児から小学生まで、子どもの成長・発達について4年間じっくりと幅広く深く学び、自分の将来の夢をしっかりと見据えながら実力を養うことができるのは、本学児童学科の大きな特長です。
 児童学科では例年、8割程度の卒業生が小学校教諭・幼稚園教諭・保育士として就職し、子どもに関わるさまざまな職場で活躍しています。子どもが好きで、子どもに関わる仕事に就きたいと考えている方は、ぜひ児童学科でその夢を叶えてください。




◆専門教育科目
赤文字の科目」は卒業必修科目、「○」は当該免許取得に係る必修科目、
「△」は選択科目。
1年次 免許課程
小学校 幼稚園 保育士
教育心理学
教育原理
家庭管理学概論
被服学概論
食物学概論
コンピュータ概論
児童文学史(1)
児童文学史(2)
算数A
理科B
理科C
音楽理論とソルフェージュ
音楽表現T(1)(ピアノ)
音楽表現T(2)(ピアノ)

2年次 免許課程
小学校 幼稚園 保育士
家政学原論
発達心理学
保育の心理学(1)
教育課程論
ICTの基礎(1)
ICTの基礎(2)
国語(1)
国語(2)
書道
社会A
社会B
算数B
理科A
音楽表現U(1)(声楽)
音楽表現U(2)(声楽)
音楽表現V(1)(器楽)
音楽表現V(2)(器楽)
造形表現T(1)
造形表現T(2)
造形表現U(1)
造形表現U(2)
児童体育理論
身体表現(1)
身体表現(2)




音楽理論とソルフェージュ


身体表現


3年次 免許課程
小学校 幼稚園 保育士
保育の心理学(2)
臨床心理学
ICT活用法(1)
ICT活用法(2)
児童心理学実験
データ処理入門
生活科総論
家庭科実習

4年次 免許課程
小学校 幼稚園 保育士
卒業論文
児童社会学(1)
児童社会学(2)
児童教育学演習
特別支援教育論
人権教育論