現在の私たちの社会は物質的に豊かになった一方で、消費のあり方や環境問題、少子高齢化や家庭の機能が十分に果たされていない等、様々な問題を抱えています。
 中学校・高等学校で学ぶ家庭科の授業では、これらの課題を解決し、心身ともに豊かで健康的な生活を実現するために、実践的・体験的な学習活動を通して、家族と家庭の役割、生活に必要な衣、食、住、情報、産業等についての基礎的な理解と技術を養う事を目標としています。
 家庭科教職課程では、実験並びに実習と講義を併用した多彩な演習科目を通して、家庭科教育に必要な技術や知識を修得し、実践力のある家庭科教諭の育成をめざしています。




家庭科教員免許を取得するために必要な科目
 家庭科教員免許を取得するためには、教職に関する科目、教科に関する科目を学ぶ必要があります。
 教職に関する科目は「教職の理解」「教育原理」や「教育課程論」など教育全般に関わる科目の他、「家庭科教育法」などの教科教育法、「教育実習」などが含まれます。
 人が人を教え育てる「教育」という行いについて、その原理、歴史、哲学や心理的側面、社会制度など、教育に携わる者が理解しておく事柄について学び、さらに家庭科教員として必要となる学習指導要領の理解、授業の準備と運営などについて学びます。
 教科に関する科目は家庭科教員として必要な専門知識と技術を修得するため、被服学、食物学、住居学、家庭経営学、保育学、家庭電気機械や情報機器などの幅広い分野について学ぶ必要があります。
 また、4年次には3週間の教育実習を行います。学校の現場で生徒に接しながら、学習指導案や教材を準備・作成し、実際に生徒の前に立って授業を行います。