教員採用試験 2次試験直前対策を実施中
 今夏も7月27日からの10日間の予定で、教員採用試験に挑戦する4年生を対象に、模擬授業などの「2次試験直前対策」を行っています。




 写真は、小学校などの学校生活で想定される、様々な場面での指導力が問われる「場面指導」試験の練習風景です。

 受験対策委員の先生方から叱咤激励を受ける他、児童や生徒役を兼ねた仲間からも、活発な意見が交わされ互いに応援しながら臨んでいます。






 教員採用試験では、全ての自治体が同じ試験内容で実施するわけではありません。

 小学校の実技試験で、「マット運動」必須の学生には、体育科の教員が責任を持って指導しています。また、音楽で「ピアノ」必須者への対策は、音楽科の教員が個別指導にあたります。さらに中学校の「家庭科」を受験する学生に対しても、被服・調理系の教員が重要ポイントの実技指導を行うなど、サポートの態勢が整っています。

 今年も4年生と教職員が一丸となり、「チーム東北女子大学」で、各種採用試験に立ち向かいます。




 公立学校の教員採用試験が落ち着くと、今度は冬にかけて県内の「幼稚園・保育士」などの採用試験が活発になります。

 今年も、「栄養士」や「一般企業」もあわせ、就職活動はとても順調です。