「中高教育実習 報告会」を開催しました

 9月10日(木)本学において、家政学科で教職課程(中・高)を履修している3・4年次学生を対象に、「中高教育実習 報告会」を開催しました。
 6月に中学校・高等学校で教育実習を終えた4年次学生8名と、来年度教育実習を実施する3年次学生17名が集い、注意点や心構えなど、教育実習を終えた経験を3年生に伝えるためのものです。

 はじめに、学長からの講話の後、4年生の代表4名(中学校1名、高等学校3名)が報告を行いました。その後3年生と4年生を混ぜたグループに分かれ、具体的内容を直接質問していました。
 










 会を終え、3年生からは「注意する点や具体的な活動の内容・時期など、不安に思っていたことを解決できて良かった。」、「気持ちが少し楽になり有意義な報告会であった。」、「来年度、良い教育実習ができるよう頑張りたい。」などの感想が聞かれました。

 本学では各委員会が学生との連携をとりながら、こまめな指導を行っていますが、教職履修者に対しては、「教職課程委員会」や「特別指導委員会」が中心になり、その他教職員も協力しながら活動を行っています。その結果、今年も教員採用試験の中学校(家庭科)で合格者が出るなど、活動の成果が発揮されています。