健康栄養学科 開設記念講演会が催されました

 5月9日(土)、弘前文化センターにおいて、「健康栄養学科 開設記念講演会」が催されました。
 本講演会では神奈川県立保健福祉大学学長の中村丁次先生にお越し頂き、貴重なお話を伺うことができました。
 
今村理事長による挨拶  小澤学長による挨拶
 
 中村丁次先生による講演。
 「我が国における栄養問題と管理栄養士の役割」をテーマに、栄養学の必要性を決定付けた歴史的エピソードを振り返るとともに、多様化、個別化する栄養問題の現状とこれから管理栄養士が果たしていくべき役割について、分かりやすく講演して頂きました。
 
 中村先生と本学加藤秀夫教授によるトークショーでは、「青森県の健康長寿への道標」をテーマに、青森県の食と健康事情に関する問題点について語り合いました。
 終始和やかな雰囲気で、時折会場内にも笑い声の響く場面がありました。
 トークショー終了後、健康栄養学科1期生の板川満里奈さんより、中村先生へ花束が贈呈されました。
 中村先生は本学学生に対し、「『栄養学』を人生のテーマにできることは幸福なことであり、管理栄養士を目指す皆さんには国内から世界へ積極的に発信していける人になってほしい」とエールを送って下さいました。