「picot弘前」に所属する学生2名が表彰を受けました

 1月20日 弘前市和徳町にあるフォルトーナにおいて、「平成27年 警察協力功労者及び優良警察職員表彰式」があり、児童学科4年生の石川裕貴乃さんと中谷佑さんが、「picot弘前」での活動が評価され表彰を受けました。

 二人は少年の非行防止活動や健全育成活動を支援する、「青森県少年サポートボランティア(愛称:picot弘前)」に2年次より所属しており、交通指導や万引き防止教室、薬物乱用教室など地域の子どもたちとの関わりを通しながら、地道な活動を行ってきたことが評価につながりました。


児童学科4年生の 石川 裕貴乃 さん



児童学科4年生の 中谷 佑 さん




 − picot弘前の活動を通して −

 この活動を通して、多くのことを経験できました。万引き防止教室では、大学で学んだ知識や経験を元に寸劇を交えながら、子どもたちに訴えました。万引きをした本人は罪に問われるが、見張り役は罪にならないと考えている児童が多くいることに驚き、直接伝えることの大切さを知ることができました。
 児童と同じ目線に立つことで子ども理解にもつながり、小学校教諭を目指している自分にとって、得るものが多い「picot弘前」での活動となりました。

石川 裕貴乃 さん




 − picot弘前の活動を通して −

 青森県内の子どもの万引きが、全国でも上位の方にランク付けられていたということを、この活動を通じて初めて知りました。
 万引き防止教室では、「なぜ万引きされると店が困るのか」などを、具体的な数値を示しながら説明をしました。その活動のためもあってか、警察の方から子どもたちの万引きが減少傾向に転じたと聞いて、少しは自分たちも役にたったのかと思うと嬉しく思います。
 私も小学校教諭を目指しており、「picot弘前」の活動を通して、実に多くの事を学ぶことができました。

中谷 佑 さん


中谷さん 石川さん