東北女子大学は管理栄養士養成校として活動を開始します

東北女子大学
学長 小澤 熹
 このたび、文部科学大臣及び厚生労働省東北厚生局長から、本学「健康栄養学科」を「管理栄養士養成施設」に指定するとの通知がありました。すでに推薦入試、前期入試が終わって、2.2倍の競争を突破した合格者の皆さんは、4月から「健康栄養学科」の第1期生になることが決定しました。そして、管理栄養士の養成カリキュラムを主軸にした学修に励むことになります。2年生以上の在来生は入学時の家政学科生として学びます。児童学科は現行通りです。
 健康栄養学科は、今までの家政学科の食分野を重点的に充実特化して構成し直した学科で、管理栄養士、栄養教諭(一種)、家庭科教諭(一種)の養成を行うと同時に、食品衛生管理者、食品衛生監視員の任用資格も取得できます。なお、健康栄養学科生は、卒業年次に管理栄養士の国家試験を受けることが通例となります。
 また、ご存知の通り、日本は世界トップレベルの長寿国ですが、課題も多く抱えております。これを機に、健康で質の高い生活(QOL)の維持に資する教育研究に邁進し、青森県の抱える具体的諸課題に取り組める人材育成に努めて、豊かな青森県作りや地域社会の活性化に役立つ大学として活動をつづけます。
 最後に、本学が「管理栄養士養成施設」の指定を受けるに際して、多大なご声援とご協力をいただきました県内各関係機関、病院・諸施設並びに大学、高等学校等の皆様方に心から感謝申し上げます。



健康栄養学科で取得可能な資格

 
・管理栄養士国家試験受験資格
・栄養士免許証
・栄養教諭一種免許状
・高等学校教諭一種免許状(家庭)
・中学校教諭一種免許状(家庭)
・食品衛生監視員(任用資格)
・食品衛生管理者(任用資格)