平成27年度 卒業生の就職好調

 今春卒業生の進路決定率は、家政学科が100%児童学科が96%、両学科あわせて97.5%となっています。
 職種は多い順に教職(幼稚園含む)、栄養士、一般企業、保育士、官公庁となっており、広い職域に進出しています。また嬉しい話題として、今年も常陸宮邸に1名が採用され、本学卒業の先輩侍女2名とともに、この春から元気に頑張っています。
 すでに4年生は、3月に開催された先輩の「就職活動報告会」のアドバイスを活かして就職活動を始めており、希望の職種に就こうとする高い意識がみられます。平成28年度の教員採用試験では、一次試験免除の大学推薦特別枠に新たに川崎市から中学校1名(家庭科)・小学校1名が加わり、全体で26名にまで増員されたことが教員志望の学生の大きな励みになっています。
 本学では就職支援として、職種別就職担当者やクラス主任、受験対策委員会が連携をとりながら一丸となってすすめています。このことが毎年発表される進路決定率の好結果を生み出す要因となっています。










   
「ちば!チャレンジ」とは、出身又は大学所在の都道府県を第一希望 とし、「千葉県」か「千葉市」を第二希望とする者を対象にした推薦制度です。

 本学では上記の区分で、教員採用一次試験等が免除になる大学推薦特別枠が設けられています。
 これは全国の大学に一律に割り当てられているものではなく、その年度によっては与えられなかったり減員される大学も数多くあります。

 このような状況下、卒業生の仕事ぶりや採用試験の実績が評価され、本学の特別枠は毎年増員されています。

 教員を目指す学生数に対しこの割り当て率は高いので、多くの学生に現役本採用のチャンスが広がっています。